広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


ネット・デジタル

2014-10-01

DAC、ビッグデータの広告活用について国立情報学研究所の宇野毅明教授と共同研究

印刷する

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社と、DACの連結子会社である株式会社モデューロは、DMP「AudienceOne®」の保有するビッグデータの分析・解析強化を目的とし、国立情報学研究所(※1)の宇野毅明教授と共同研究を開始する。


DACグループにおいて、DMPを中心としたオーディエンスデータの収集・分析・活用の強化を重点施策の一つとしており、モデューロが、見込顧客の発見や既存顧客のロイヤルカスタマー化などの様々なマーケティング施策に活用できるDMP「AudienceOne®」を提供しています。「AudienceOne®」のデータ保有量は国内最大級の4億ユニークブラウザ、1兆レコードを超えており、来年中にはグローバルで10億ユニークブラウザへ拡大を目指している。

今回開始した共同研究では、宇野教授の開発した、ビッグデータを大まかなクラスター(集団)に分けて見やすくする手法「データ研磨」を活用し、同教授とDACビッグデータ解析部のデータサイエンティスト集団がビッグデータ分析の課題に取り組む。具体的には、DMP「AudienceOne®」保有の大規模データにおける、類似度計算の高速処理化による高速アルゴリズム開発をはじめとして、推定モデリング、クラスタリングなどテーマごとの課題に対し、共同で科学的アプローチを行い、解決を目指す。分析・解析された内容は、内部的な処理エンジンとしてシステム実装することも視野にいれ、ビッグデータの活用によるお客様のマーケティングROI向上を支援する。


■リリース
http://www.dac.co.jp/press/2014/20140930-Aone-NII.html

タグ:DAC
PAGE TOP