広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2014-04-16

ベクトル、堅調に成長を維持し純利益38.5%増 ネット活用したPR周辺業務も強化 14年2月期決算

印刷する

株式会社ベクトルは4月14日、2014年2月期(2013年3月1日~2014年2月28日)の連結業績を発表した。


【連結経営成績】
売上高   :64億6100万円(前年比 26.5%増)
営業利益  :9億0800万円( 同 26.0%増)
経常利益  :9億0900万円( 同 28.7%増)
当期純利益 :5億1000万円( 同 38.5%増)


「戦略PR」での成長を維持するとともにメディア環境にも対応、特にインターネットを活用したPR周辺業務も含めたサービスの拡大・強化を進めた。デジタル分野においては、プレスリリース配信を手がける株式会社PR TIMESが、2014年1月に利用企業社数が6,500社を突破し、1年間で約2,000社増加した。株式会社シグナルは、得意分野とするウェブ領域を中心としたPR支援業務を発展させ、複数の大型案件を実施するに至った。PR事業の新しい領域としては、日本最大級の個人投資家向けソーシャルメディア「みんなの株式」を運営する、株式会社みんかぶの子会社である株式会社IRアドバイザー(現株式会社IR BANK)の株式を66%取得し、IR事業へ参入した。
これらの結果、堅調に成長を維持し、増収増益となった。


■リリース
http://cdplus.jp/company/download/220394/18043.pdf

タグ:ベクトル
PAGE TOP