広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2014-01-28

西友、開店告知で周辺住民・エリアを巻き込む広告展開 パン屋や床屋など50ヶ所をメディアに

印刷する

合同会社西友では、「西友蓮根坂下店」のオープンにあたり、開店プロモーションの一環として、開店プロモーション時限定のキャラクターとして“Mr.Livebetter”の開発および、1月24日(金)より、蓮根・坂下周辺エリアで大規模なアンビエント広告を展開している。


地域に根差した店舗づくりを目指す西友蓮根坂下店では、地域住民や近隣店舗に協力をあおぎ、パン屋や床屋、駐車場から一般住宅の壁面まで、地域に密着した約50箇所の場所をメディアとして活用。掲出場所にあわせて、“Mr.Livebetter”が蓮根坂下店への場所をナビゲートしながら、メッセージを発信するというユニークな開店告知広告を掲出。街全体を舞台にした大規模なアンビエント広告を展開中。



また、この他にも、蓮根坂下店の安さをPRのために、近隣住民で名前に「安」がつく方の公募を実施し5組を決定、“蓮根坂下店の安さ”を訴求する店内ポスターやチラシにも登場してもらう予定となっている。


 


PAGE TOP