広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


ネット・デジタル

2013-11-08

LINE、売上額191億円で前Q比48%増 13年7~9月期

印刷する

LINE株式会社は11月7日、2013年7~9月期(第3四半期)の業績を発表した。
売上額(LINE PLUS株式会社・LINE Business Partners株式会社・株式会社データホテル連結業績)は、191億円で前四半期比で48.0%増となった。
基幹事業であるLINE事業の売上額は99億円。売上高をグロス計上(総額表示)からネット計上(純額表示)に変更しており、従来のグロス計上で換算した場合は156億円で前四半期比58.3%増となる。なお、ネット計上ベースのLINE事業における売上構成比は、ゲーム課金が約60%、スタンプ課金が約20%の他、公式アカウント・スポンサードスタンプ等となっている。現在、LINEは世界2億8,000万人のユーザーが利用中だ。
代表取締役社長の森川亮氏は、「発表の通り、売上については、ゲームやスタンプなどのユーザー課金を中心に堅調に伸びています。加えて、広告事業においても『LINE Free Coin』などの新サービスが高い評価を得ており、ユーザー課金と広告収入の双方がバランス良く成長しています。一方で、LINEはまだ投資フェーズにあり、収益性よりも既存ユーザーの更なる満足度向上に向けたサービス品質の改善に注力しながら、新サービス・新機能の開発や、新規ユーザー拡大に向けたマーケティング活動への投資などを積極的に行っていきます」とのコメントを寄せている。


■リリース
http://linecorp.com/press/2013/1107619

タグ:LINE
PAGE TOP