広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2009-11-06

全日本シーエム放送連盟『2009 49th ACC CM FESTIVAL』受賞作品発表

印刷する
社団法人全日本シーエム放送連盟(通称ACC)は5日、『2009年度第49回 ACC CM FESTIVAL』の受賞作品を発表した。

テレビCM部門で総理大臣賞(ACCグランプリ)を受賞したのは、東北新社とギークピクチュアズが共同制作したサントリーホールディングスのBOSS「宇宙人ジョーンズ」。

以下、2位江崎グリコ アーモンンドプレミア/バンホーテンディアカカオ「OTONA GLICO「再会」篇/「テスト」篇/「仕事&屋台(ライバル)」篇/「兄妹の今(兄の想い)」篇」(東北新社制作)、3位 相模ゴム工業 サガミオリジナル 0.02「LOVE DISTANCE(再改訂)」(ロックンロール・ジャパン制作)。

ラジオCM部門で総理大臣賞(ACCグランプリ)を受賞したのは、福本ゆみ事務所制作のパナソニック ナイトスチーマー「寝ても覚めても」。
以下、2位パナソニック「欲しいものがいっぱいあった」(福本ゆみ事務所制作)、3位 味の素 アミノ酸いきいき充実「アミノ酸いきいき充実/商談/お見合い/英語の授業/アニキ」(エフエム東京制作)。

『ACC CM FESTIVAL』は全日本シーエム放送連盟が主催する年に一度の国内最大広告賞で、1961年にスタートし今年度で49回目となる。
今回の応募総数は2,375本(テレビ1,675本 ラジオ700本)。

社団法人全日本シーエム放送連盟では、今年度ACC CMフェスティバルに入賞した作品の中から選りすぐりの傑作CMを上映・公開する「入賞作品発表会」を、11月11日(水)有楽町朝日ホール マリオン(東京地区)を皮切りに、全国31ヶ所にて開催する。
PAGE TOP