広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2021-03-25

共立印刷、2021年3月期通期の予想を発表 事業構造改善費用12億円程度を特別損失に計上

印刷する

共立印刷株式会社は、未定としていた2020年3月期通期の業績予想(2021年2月12日発表)について、修正数値を発表した。

【2021年3月期通期 連結業績予想の修正(2020年4月1日~2021年3月31日)】
売上高   :366億0000万円
営業利益  :6億5000万円
経常利益  :4億7000万円
当期純利益 :マイナス17億0000万円

新型コロナ感染拡大により業績予想を未定としていたが、安定的に利益を確保できる体制を確立するために、保有する輪転機や製本・加工機の適正台数の見直しを行い、2021年3月期第4四半期において事業構造改善費用12億円程度を特別損失に計上することを踏まえ算定を行った。


■リリース
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120210319481491.pdf

タグ:共立印刷
PAGE TOP