広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2020-12-28

JR東日本企画、ウネリーら3社と連携し位置情報などを活用するターゲット広告商品を展開

印刷する

株式会社ジェイアール東日本企画(jeki)は、 株式会社unerry(ウネリー)、Cinarra Systems Japan株式会社(シナラ)、株式会社スイッチスマイルの3社と連携し、IoTセンサー等を用いた広告商品を発表した。2021年1月~3月にテスト販売で検証を行い、次年度(2021年4月以降)の商品化を目指す。



デジタル広告配信を行う位置情報系プラットフォーマーと協力することで、BeaconやWi-FiといったIoTセンサーで捉えた首都圏移動者をターゲットとし広告配信を行う。



ウネリーとの連携商品では、同社のDXプラットフォーム「Beacon Bank」がジェイアール東日本企画の「Jビーコン」を通して山手線利用者・改札付近利用者を推定し、Facebook/Instagram/LINE広告を配信する。なお「Beacon Bank」では、全国約210万個のビーコンやIoTセンサー、GPS等による月100億件のリアル行動ビッグデータを蓄積・AI解析を行っているという。
シナラとの連携商品では、駅周辺から取得した位置情報を活用することで、駅ナカ・駅周辺ユーザーのスマートフォンに対し広告主の情報をターゲティング配信し、交通広告との相乗効果を狙う。スイッチスマイルとの連携商品では、Jビーコンと、フリーWiFi自動接続アプリ「タウンWiFi」を連携させ、広告と連携したリアルタイムプッシュ広告として、「山手線プッシュアド」のテスト販売を開始する。



■リリース
https://www.jeki.co.jp/info/files/upload/20201222/
20201222%E3%80%90HP%E3%80%91%20%E3%
83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E5%
BA%83%E5%91%8A%E9%85%8D%E4%BF%A1%E3%
81%A8%E3%81%AE%E3%82%BB%E3%83%83%E3%
83%88%E5%95%86%E5%93%81.pdf

タグ:JR東日本企画
PAGE TOP