広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2020-12-24

フロンテッジ、「交通広告グランプリ2020」駅サインボード部門にて最優秀部門賞を受賞

印刷する

株式会社フロンテッジは、同社が手掛けた広告が「交通広告グランプリ2020」駅サインボード部門にて最優秀部門賞を受賞したことを発表した。



「交通広告グランプリ2020」(主催:株式会社ジェイアール東日本企画、協賛:東日本旅客鉄道株式会社、JR東日本メディア株式会社、後援:日本鉄道広告協会)は、2019年4月1日~2020年3月31日の期間に、ジェイアール東日本企画が販売・管理を行っている駅および車両に掲出された交通広告作品計1,527点の対象作品のなかからグランプリなどを選出するもの。
フロンテッジは、『西武・そごう「わたしは、私。」2020 炎鵬の逆転劇』で最優秀部門賞を受賞した。制作スタッフは以下のとおり(敬称略)。

Executive Creative Director:田中英生
Executive Creative Director/Copywriter:島田浩太郎
Senior Creative Director/Copywriter:上島史朗
Art Director:加納彰
Copywriter:山際良子
Planner:宗政朝子
Creative Producer:松井徹
Account Executive:河西きよら

西武・そごう「わたしは、私。」2020 炎鵬の逆転劇
https://www.frontage.jp/work/20200131172016.html

「交通広告グランプリ2020」特設ページ
http://awards.jeki.co.jp/



■リリース
https://www.frontage.jp/news/20201218150746.html

タグ:フロンテッジ
PAGE TOP