広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2020-12-17

JR東日本企画、従来のフラッグでは難しかった動画広告配信などを品川駅で実験

印刷する

株式会社ジェイアール東日本企画は、JR品川駅で、プロジェクターを活用した広告商品の実証実験を実施する。品川駅の中央改札内にある大型フラッグ3基6面のうち1面を活用し、パナソニック社製のプロジェクターおよびクラウド型広告配信システムにより、広告を配信する。実施期間は2020年12月14日から12月20日まで。



プロジェクターでの投影により、これまでのフラッグ広告では困難だった、曜日・時間帯別での素材切り替えや動画放映が可能だという。品川駅大型フラッグ3基6面のうち1面が本実証実験で使用する面となり、残り5面は通常のフラッグ広告での展開となる。プロジェクターを2台設置し、フラッグ面に対して同じ映像を「重ね打ち」投影することで、品川駅構内でも視認可能な明るさを実現した。



■リリース
https://www.jeki.co.jp/info/files/upload/20201214/
20201214%E3%80%90HP%E3%80%91%E5%93%
81%E5%B7%9D%E3%83%87%E3%82%B8%E3%
82%BF%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%A9%
E3%83%83%E3%82%B0.pdf

タグ:JR東日本企画
PAGE TOP