広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2020-07-03

Gunosyと博報堂DYMP、協業プロジェクト第1弾としてSaaSプラットフォーム「Guhack」提供開始

印刷する

株式会社Gunosyは、株式会社博報堂DYメディアパートナーズとのDX事業協業プロジェクトの第1弾として、TVCMによる獲得成果最適化を実現するSaaSプラットフォーム「Guhack」(グーハック)の提供を開始した。両社は2019年12月から、広告市場のDX事業における協業プロジェクトを推進しており、その第1弾となる。



「Guhack」は、複雑化する情報をダッシュボードで一元管理し、放送枠ごとのアプリダウンロードやサイト流入などの獲得成果をリアルタイムで可視化、分析を可能にしたSaaSプラットフォーム。放送枠ごとのアプリダウンロードやサイト流入など、獲得成果をリアルタイムで可視化し、TVCM効果を分析することで成果の最適化を可能にするダッシュボード「Guhack Analytics」を提供する。担当者は、時間と労力を掛けることなく、スピード感のある意思決定やアクション実行が可能になるという。


■リリース
https://gunosy.co.jp/news/245

タグ:Gunosy
PAGE TOP