広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!

「ファインドスター 広告ニュース」のミッション

情報で、広告業界に売上を。

 

◆今、どんな問題を抱えていますか?

広告業界は厳しい状態が続いています。
来年もこの状態は続く、あるいはさらに厳しくなると言われています。
御社では今、どんな問題を抱えていますか?

広告ニュース編集部は、日々の取材活動、各社の業績やリリース、広告営業活動、セミナーでの直接の会話、メルマガでのアンケートなどを通して、広告業界各社あるいはそこで働く方々の問題を徹底的に聞いてきました。


「クライアントの広告予算が削減されている」
「既存の広告媒体が売れなくなってきている」
「広告主がレスポンス重視になった」
「売上・利益ともに減っている」
「社員数が減っている」
「業界構造の問題ではないか」 ・・・

お聞きした数百の「解決したい問題」。
ここから広告業界の大体数の企業、あるいは部署、担当者が「売上があがらずに困っている」実態がはっきりと見えてきました。


◆広告会社、広告媒体社の売上があがらなくなった理由

では、なぜ売上があがらないのでしょうか。

どうして、広告主は広告予算を削減するのでしょうか?広告主の売上が上がりにくい状況だから?それだけでしょうか。
不況でも売上をあげている広告主はいます、しかし、広告予算は削減される。
これはつまりどういうことか。
もう一度、この数百の「解決したい問題」と向き合った結果、私は以下の結論を仮定しました。


広告をすることで、広告主の売上が上がらない。


広告をすることで広告主の売上が上がらないから、
「広告予算が削減される」
「マス媒体への発注が減っている」
「レスポンス重視の傾向が強まる」
「リピート発注がない」
「営業がうまくいかない」・・・


だから、広告業界で営業活動をしている広告会社や媒体社の売上があがらない。


企業にとって広告は、企業活動を行うための(つまり売上をあげるための)数あるソリューションのなかの一つです。
しかし今、企業経営者は広告を選ばなくなりつつあります。

 

◆広告業界に売上をもたらすために、何をしたらいいか?


ファインドスターは広告業界に対して何ができるか?

世の中が不況であっても、業績を伸ばしている広告媒体社や広告会社も確実に存在しています。
ファインドスターも、同封広告の専門代理店というニッチな分野にもかかわらず、今期は過去最高の売上を達成する見込みです。

それは何故か?
広告ニュース編集部は自社の分析だけでなく、成功企業への取材を通して、広告主に選ばれる成功企業の違いを見つけ出してきました。

この、成功企業の事例をはじめとした「情報」をつかって広告業界を元気に、広告業界の売上につなげる。
それが、この広告ニュースのミッション『情報で、広告業界に売上を。』の原点です。


◆広告業界に売上をもたらすために、誰に情報をご活用いただきたいか?


ファインドスター広告ニュースは広告会社の営業責任者様と、広告媒体社の営業責任者様を対象としたメディアです。

広告業界で、売上に直接かかわりを持っているのは、営業です。
また、その中でも売上に対する責任を持っている営業責任者様にこそ、支援が必要です。

広告業界の売上を担う中心的な役割を果たしている方に、売上をあげるための情報をお伝えしたい。
「ファインドスター 広告ニュース」は、こうした考え方で運営しているネットメディアです。

PAGE TOP