広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!

シビアな効果測定でマス広告を救え!

 ネットメディアの台頭によって、その存在感を薄めつつあるマス広告。特に、テレビCMは「広告の王様」として常に広告の花形であったものの、時代を経るごとに、その効果が疑問視されることが多くなってきた。そんなマス広告を救うカギとなるのが、シビアな「効果測定」の実施。いったい、どのような効果測定を行えば、テレビCMをはじめとしたマス広告が力強さを取り戻せるのか!? 『CM好感度NO.1だけどモノが売れない謎』(ビジネス社)の著者である株式会社テムズ代表取締役・鷹野義昭氏が、その現状と未来を語る!

鷹野 義昭
プロフィールを見る コラムニストへお問合せ
2012-12-25
最終回:広告への「投資」が拓く未来、キーワードは“ROI”!
これまでテレビCMをはじめとする広告の構造をうかがってきた本連載も、今回で最終回を迎える。 そこで、鷹野氏が語るテーマは「広告のROI」だ。「Return on Investment...
2012-12-12
第5回:コミュニケーション戦略としてのクロスメディア、その...
 近年、広告展開の手法として、より一層注目を集めている「クロスメディア戦略」。従来型の「単純に打てば響く」広告の考え方から脱却し、各媒体がそれぞれの役割を持...
2012-11-30
第4回:CMクリエイティブの定量化で見えてくる適切な広告投下量
テレビCMを構成する要素には大きく分けて「クリエイティブの質」と「広告出稿の量」がある。それぞれが別モノのように考えられているCMのクリエイティブづくりと広告投...
2012-11-15
第3回:広告効果測定の落とし穴! データを活用するか、デー...
   シビアな広告効果測定は、CMの改善や広告担当者の成果の“見える化”のみならず、PDCAサイクルによる企業の健全な成長にも寄与すると語られた前回...
2012-10-30
第2回:“正しい”広告効果測定の方法とは?
 「視聴の質」が低下し、テレビの媒体価値が下がっている現在だからこそ、シビアな効果測定を実施することがテレビCMの影響力を明確化させるという鷹野氏。では、その...
2012-10-15
第1回:テレビCMに残された唯一の可能性
 テレビCMが効かない……。そんな言葉が広告業界で囁かれはじめて、はや数年が経過した。効果がはっきりせず、実売へのつながりを実感しにくいマス広告。...
PAGE TOP