広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2018-11-07

テレビ東京HD、4K・配信関連の投資が増加し利益は大幅減 2019年2Q決算

印刷する

株式会社テレビ東京ホールディングスは、2019年3月期第2四半期(2018年4月1日~2018年9月30日)の連結業績を発表した。


【連結経営成績(累計)】
売上高    :720億3800万円(前年同期比 2.8%増)
営業利益   :21億5600万円( 同 37.9%減)
経常利益   :20億8000万円( 同 46.1%減)
四半期純利益 :11億7500万円( 同 51.6%減)


地上波放送事業でのタイム収入、海外売上を中心としたソフトライツ収入などの増収により、売上高は前年同期比2.8%増となったが、一方費用面では、グループ全体の競争力強化を狙った先行投資として、4K関連や配信関連の費用が増加。地上波放送事業の番組制作費でも、政策的な費用が発生した結果、営業利益は前年同期の増益からマイナス37.9%の減益となった。経常利益・親会社株主に帰属する四半期純利益も同じく、大きな減益となっている。


■リリース
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120181030426458.pdf

PAGE TOP