広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2018-11-07

フジ・メディアHDの2019年2Q決算、都市開発・観光事業の減益が全体益にも響く

印刷する

株式会社フジ・メディア・ホールディングスは、2019年3月期第2四半期(2018年4月1日~2018年9月30日)の連結業績を発表した。


【連結経営成績(累計)】
売上高    :2922億9300万円(前年同期比 6.3%減)
営業利益   :112億2300万円( 同 3.8%減)
経常利益   :150億7900万円( 同 3.5%減)
四半期純利益 :101億1800万円( 同 12.8%減)


第1四半期は、メディア・コンテンツ事業、都市開発・観光事業、その他事業が減収となり、売上高は前年同期比3.0%減だったが、メディア・コンテンツ事業が3倍以上の増益だった。
しかし今期もメディア・コンテンツ事業、都市開発・観光事業がともに減収となり、前年同期比6.3%減の2922億9300万円の売上高。メディア・コンテンツ事業は引き続き増益となったものの、都市開発・観光事業の減益を補いきれず、前年同期比3.8%減益の112億2300万円となった。


■リリース
http://contents.xj-storage.jp/xcontents/46760/0567de1e/42b6/4b16/a888/f1dc58b31d7f/140120181031426732.pdf

PAGE TOP