広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2018-09-14

電通デジタル、広告効果をより正確に評価する新指標「True Lift Model」の提供を開始

印刷する

株式会社電通デジタルは、ブランド広告とレスポンス広告のギャップを埋める統合評価の新指標を開発し、デジタル広告の効果をより正確に評価する新指標「True Lift Model」(トゥルー・リフト・モデル)として提供を開始した。
従来のデジタル広告の評価は、CTRやCVRにより評価するモデルが一般的だったが、その結果、既存の自社サイト来訪者に対するリターゲティング広告への予算偏重の傾向が見られた。そのため広告効果の捉え方には課題があった。
「True Lift Model」では、医療分野などで使われるランダム化比較試験の考え方を応用し、従来の広告効果を、仮に広告がなくても自然に発生した効果と、純粋な広告の接触効果とに統計的に切り分ける手法を採用。広告接触ユーザーの全CVR(コンバージョン値)のなかから、広告接触がなくても自然とコンバージョンに至ったであろうユーザーのCVRを適切に差し引くことで、これを「True効果」として検出・評価するという。
今後は、「True効果」に着目した潜在層発掘と需要創造効果の最大化を目指し、大手プラットフォーマーとの連携ソリューション開発などを進める方針。


■リリース
https://www.dentsudigital.co.jp/release/2018/0912-00315/index.html

PAGE TOP