広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2018-03-29

電通、ビーコンネットワーク運営の「ウネリー社」と資本業務提携 高精度な位置情報マーケを創出へ

印刷する

株式会社電通は、国内最大級のビーコンネットワークを運営する「株式会社unerry社」(ウネリー社)と資本業務提携した。すでに資本業務提携している米GroundTruth(GT社、旧社名:xAd)の位置情報マーケティングプラットフォームと連携し、より高精度で効果的な位置情報マーケティングの創出を図る。
ウネリー社は、全国56万台のビーコンをネットワーク化した「Beacon Bank」を運営する企業。街頭や店舗などにビーコンを設置することで、スマートフォンに対し位置情報に応じたメッセージ配信を行っている。GPSでは把握しにくい地下やビルの階数など垂直方向の情報も計測可能とのこと。
さらに今後は、GroundTruthのプラットフォームと連携させることで、「ある商業施設の最寄り駅にいるターゲット層」「過去にその商業施設に来訪したことのあるターゲット層」といった切り口で、広告やクーポンなどが配信可能になるという。来店計測を売り場ごとで行うことも可能。


■リリース
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2018/0328-009503.html

PAGE TOP