広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2017-10-12

電通、広告不正に対応する機能・ツールを「電通PMP」で無償提供

印刷する

株式会社電通は、インテグラル・アド・サイエンス社(IAS)およびMomentum社(モメンタム)と、それぞれ包括契約を締結した。
IASが提供する計測ツールとボット検知機能、モメンタムが提供するブロッキング機能(ボットを検知し、ボットに対する広告配信を予防する機能)を、プライベート・マーケット・プレイス(電通PMP)において無償提供する。
これにより、「広告がしっかり見られているか」(ビューアビリティー)、「機械によって不正なインプレッションやクリックが発生していないか」(アドフラウド)、「不適切なサイトに広告表示されていないか」(ブランドセーフティー)といった問題を、PMPユーザが把握可能になるとのこと。
無償提供されるサービスは下記のとおり。


【IAS】
・キャンペーンモニタリング(計測)
・リアルタイムシグナル(不正インプレッション検知)
・ログレベルレポート(ログデータ計測)


【モメンタム】
・Black Heron(フラウド検知&ブロッキング)


■リリース
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2017/1010-009378.html

PAGE TOP