広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2017-09-12

フルスピード、インターネットマーケティング事業が不調でやや減収 18年1Q決算

印刷する

株式会社フルスピードは、2018年4月期第1四半期(2017年5月1日~2017年7月31日)の連結業績を発表した。


【連結経営成績(累計)】
売上高   :48億1900万円(前年同期比 1.7%減)
営業利益  :3億6700万円( 同 54.4%増)
経常利益  :3億7100万円( 同 62.7%増)
四半期純利益:2億3200万円( 同 60.0%増)


インターネットマーケティング事業やアドテクノロジー既存事業の展開を強化。ブランディング広告に特化した、スマホ向け動画アドネットワーク「PolymorphicAds」の新規展開も開始した。また、拡大する訪日インバウンド市場に向けて、訪日観光客向けアプリメディア「GoJapan」の展開も引き続き強化した。
これらの結果、インターネットマーケティング事業の売上高は20億1517万円で前年同期比18.8%減、アドテクノロジー事業の売上高は34億6889万円で6.2%増となった。また、その他、情報メディアサイトの運営、広告に付随するWebサイト・バナーLP制作等の売上高は5349万円で前年同期比60.2%増だった。
最終的に全体の売上高は48億1900万円で、前年同期比1.7%減という結果だった。


■リリース
http://www.fullspeed.co.jp/ir/pdf/9deea6759c710f84329dcec26f2dd81a.pdf

PAGE TOP