広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2017-08-07

ユナイテッド、コンテンツ事業が寄与し前年の赤字から大幅黒字益に回復 2018年1Q決算

印刷する

ユナイテッド株式会社は、2018年3月期第1四半期(2017年4月1日~2017年6月30日)の連結業績を発表した。


【連結経営成績(累計)】
売上高   :32億5400万円(前年同期比 3.8%増)
営業利益  :3億2100万円(前年 マイナス6500万円)
経常利益  :3億2000万円( 同 マイナス7800万円)
四半期純利益:1億9200万円( 同 マイナス7200万円)


スマートフォン広告に特化した「アドテクノロジー事業」「コンテンツ事業」を中心に積極投資を実施し事業を展開。アドテクノロジー事業はエージェンシー事業からの撤退と組織体制の強化を含む積極的な先行投資等の影響によって減収減益、コンテンツ事業はゴロー株式会社をはじめとしたグループ会社の好調な業績に加え、増収増益となった。インベストメント事業は、前年同期に比べ株式売却益等が少額にとどまり減収減益となった。
これらの結果、売上高は前年同期比3.8%増となり、営業利益・経常利益・親会社株主に帰属する四半期純利益においては、前年のマイナス計上から大幅黒字益に回復した。


■リリース
http://united.jp/cms/wp-content/uploads/2017/07/20170731_united_fs.pdf

PAGE TOP