広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2017-08-02

オプトワークス、企業のAI・ビッグデータ活用を推進する『人財紹介』サービスを開始

印刷する

オプトグループの株式会社オプトワークスは、社会的なニーズの高まりを受けAI開発を推進するデータサイエンティスト、RPAエンジニアやIoT技術者をはじめとするハイエンドエンジニア、その他ハイクラス人財に特化した『人財紹介』サービスを開始した。まずは、オプトグループが運営するデータ分析コンテスト・プラットフォーム「DeepAnalytics」と連携し、5,000人のデータサイエンティスト会員に対し転職支援の一環として求人紹介サービスを提供する。
同社は「DeepAnalytics」をプラットフォームとし、オプトグループと共同でデータサイエンティストの育成、企業のAI開発・ビッグデータ活用支援、データサイエンティストの採用支援サービスを提供。中でも、データサイエンティストの採用についての相談が多く、人財紹介サービスを展開することで更にお客様へのメリットを提供できると考えている。
本事業によって、今後2年間で100人超の紹介実績を見込む。
DeepAnalyticsは、企業のAI開発・データサイエンティスト採用・育成のための日本最大のオープンイノベーションプラットフォームで参加会員は5,000人を超え、大学や研究機関の研究者、企業の社員、フリーランス等、様々な領域で活躍するデータ分析の専門家が登録している。企業や公的機関は、同サイトでコンテストを開催。成績上位者は懸賞金を受け取る一方、アルゴリズムに関する権利を依頼者へ譲渡する仕組み。
対象となる人財層は、データサイエンティスト、RPAエンジニアやIoT技術者等のハイエンドエンジニア人財、経営企画や事業開発など難易度の高いポジションで経験とノウハウを有する人財。


■リリース
http://www.opt.ne.jp/holding/news/gourp/detail/id=4050

PAGE TOP