広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2017-07-26

凸版印刷と東武鉄道、対話型AIを駅に設置して観光案内 浅草で実証実験

印刷する

凸版印刷株式会社と東武鉄道株式会社は、「対話型AIを活用する訪日外国人向け観光案内サービス」の実証実験を行うことを発表した。7月25日~8月24日の期間、東武鉄道浅草駅「東武ツーリストインフォメーションセンター浅草」に、サムライの格好をしたマネキン「AI-SAMURAI」を設置する。
「AI-SAMURAI」は、凸版印刷が新たに提供を開始した対話型AIソリューション「AIコミュニケータ」のラインアップの1つ。対話システムには株式会社Nextremerの「minarai」を搭載する。「AIコミュニケータ」では、店頭での顧客接点向上に向けたソリューションのノウハウを活かすことで、インパクトのあるデザインや、親しみのあるキャラクターなど多様なインターフェイスの設計が可能だという。
「AI-SAMURAI」は、外国人にも親しみのあるサムライのインターフェイスで興味を喚起することで、顧客接点を創出。日本を代表する観光地・浅草において、浅草駅構内や周辺の観光情報、夏のキャンペーン情報などを音声とモニタにより日本語と英語で紹介する。
凸版印刷と東武鉄道は今後、AIを活用した新たな観光サービスや、AIが処理できない質問が生じた場合のバックオフィスオペレーターによる遠隔対応、5Gなどの次世代技術の活用を想定した取り組みを行っていくとのこと。


■リリース
http://www.toppan.co.jp/news/2017/07/newsrelease170721.html

PAGE TOP