広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2017-05-19

人工知能が広告コピーを生成、電通がAIシステム「AICO」を開発

印刷する

株式会社電通は、人工知能(AI)による広告コピー生成システム「AICO (アイコ/AI Copy Writer)」を開発した。β版として研究開発を進め、今後実用化を目指す。
電通では、5年ほど前から「広告コピーの良し悪しによって広告効果がどのように変化するか」の評価を行っており、これを発展させ、静岡大学情報学部の狩野研究室(狩野芳伸准教授)との共同開発により、今回のシステムを開発した。実際に広告制作の実務に携わっているコピーライターが、人工知能の学習をサポートすることで、より人間に近いコピーの生成を可能にしたという。
人工知能による広告コピー生成では、リアルタイムにメッセージを変化させることができるため、ネット広告や野外広告において、よりパーソナライズした広告配信が可能となる見込み。今後は人工知能と人間のクリエーターの協業による、これまでにない新たな広告手法の研究・開発を進める方針。


■リリース
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2017/0517-009291.html

PAGE TOP