広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2017-05-19

インプレスHD、電子書籍販売が好調も販売効率低下・販管費の増加もあり減益 2017年3月期決算

印刷する

株式会社インプレスホールディングスは、2017年3月期(2016年4月1日~2017年3月31日)の連結業績を発表した。


【連結経営成績】
売上高   :112億8000万円(前年比 3.6%増)
営業利益  :マイナス6100万円(前年 1億3600万円)
経常利益  :700万円( 同 1億8200万円)
当期純利益 :900万円( 同 マイナス3800万円)


読み放題サービスの広がりにより電子書籍の販売が増加したことに加え、デジタルコミック等の販売プラットフォーム事業およびITセグメントのイベント・セミナー等が順調に拡大。前期より売上高が3.6%増加した。一方で、雑誌広告およびアジア市場向けセールスプロモーションの受託案件減少、新刊書籍の販売効率低下等で収益が悪化。販管費の増加もあり、営業損益が減少し営業損失を計上した。投資利益の計上等もあったが営業損益の減少をカバーするまでには至らず、経常利益は減少した。


■リリース
http://www.impressholdings.com/ir/pdf/20170512_2.pdf

PAGE TOP