広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


ネット・デジタル

2016-12-28

DACと中国テンセント、広告ソリューションの販売で協業 テンセント媒体の広告運用をDACがサポート

印刷する

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(DAC)とテンセントのインターナショナル・ビジネス・グループ(テンセントIBG)は、広告サービス販売における協業を開始した。
広告販売代理店契約を締結し、テンセントIBGが保有する各種媒体に対しDACが日本国内から運用サポートを行う。従来DACが提供しているセグメントに加え、テンセントIBGが日本市場に向けて提供するデータをもとにした「訪日経験のあるユーザー」「訪日旅行に関心のあるユーザー」「越境EC経験のあるユーザー」等の新たな独自セグメントを使った配信も可能とのこと。これにより、国内企業が、中国のSNSユーザーにリーチすることが可能となる見込みだ。
DACでは、インバウンドビジネスを対象としたグループ連携ソリューション「いらっしゃいませJAPAN!」を展開中。一方テンセントは、8億4600万の月間アクティブユーザーを持つ「Weixin/WeChat」、6億4700万の月間アクティブユーザーを持つ「QQ Mobile」などのメディアを保有している。
今後は、インバウンドビジネス向けのサービスを日本企業に共同で提供していくとともに、テンセントIBGの広告ソリューションとDACグループのテクノロジーを組み合わせた新たな商品開発などの協業も進める方針。


■リリース
https://www.dac.co.jp/index.php/press/2016/20161226_tencent

タグ:DAC
PAGE TOP