広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2016-11-14

セーラー広告、黒字に回復 利益率の向上・諸費用の節減が奏効 2017年2Q決算

印刷する

セーラー広告株式会社は、2017年3月期第2四半期(2016年4月1日~2016年9月30日)の連結業績を発表した。


【連結経営成績(累計)】
売上高   :43億5000万円(前年同期比 3.8%増)
営業利益  :1600万円(前年 マイナス3000万円)
経常利益  :2600万円( 同 マイナス1900万円)
四半期純利益:800万円( 同 マイナス3500万円)


今年4月から、デジタルメディア提案力の強化とコミュニケーションサービスの向上を目的とした専任部署を設置。同時に営業体制の見直しや提供サービスの高付加価値化に向けた研修等を実施した。各種セミナー開催などで、新規顧客獲得も図った結果、主要広告主からの安定した広告出稿のほか、大型集客イベントや商品展示会の開催、新店舗・新展示ルームのオープンに伴う屋外広告、アフィリエイトやサイト制作などを受注し、前年同期比より売上高は3.8%増加となった。利益率の向上、諸費用の節減にも努め、昨年の赤字益より今期は黒字化を果たした。


■リリース
http://www.saylor.co.jp/ir/files/2016/11/48416ac01a9b8b1308801291b60316b4.pdf

タグ:セーラー広告
PAGE TOP