広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


印刷・マーケティング

2016-09-23

凸版印刷、体験型VR観光アプリを開発 VRとGPSを組合せて観光情報を発信

印刷する

凸版印刷株式会社は、バーチャルリアリティ(VR)と全地球測位システム(GPS)を組み合わせた旅行者向け観光アプリ「ストリートミュージアムアプリ」の提供を、2016年9月21日(水)より開始した。


本アプリは、現存しない城郭などの史跡を高精細かつ色鮮やかにVRコンテンツで再現し、スマートフォンやタブレット端末で位置情報と連動して見ることができる新しい体感型観光アプリ。旅行者は本アプリを利用することで、VRコンテンツや音声付き映像解説が閲覧できるほか、GPSで実際の地図と連動した古地図を表示できる。


凸版印刷は本アプリの提供に際し、まずは江戸城、和歌山城、福岡城、肥前名護屋城(佐賀県)、高松城、屋嶋城(香川県)の6名城をラインアップ。今後も掲載コンテンツを順次拡大していく。


 訪日外国人旅行者数は3年連続で過去最高を更新するなど増加傾向が続いており、自治体などによるスマートフォンを用いた観光関連アプリの提供が増加しています。しかし、これらのアプリは観光地ごとに個別に提供されているため、旅行者はここのアプリをインストールしなければならず、その煩雑さが課題になっていました。
 凸版印刷は、「何度も旅したくなる日本」をコンセプトに、さまざまな自治体・企業と連携し、旅の質と利便性を向上させる「旅道プロジェクト(※1)」を推進。その一環として「ストリートミュージアム」を展開しており、これまでに福岡城や熊本城、肥前名護屋城(佐賀県)、駿府城(静岡県)でのガイドツアーや、三内丸山遺跡(青森県)のタブレット端末によるITガイドシステム、富岡製糸場(群馬県)のCG映像ガイドツアーなどに多数採用されています。
 今回、全国の史跡コンテンツをスマートフォンで楽しめるアプリを提供。今後掲載コンテンツを拡大することにより史跡観光の定番アプリに成長させ、旅行者の利便性を向上させます。また、古地図上に周辺の観光スポットを表示する機能を活用し、旅行者の回遊性を向上、地方創生にも貢献します。



■ 「ストリートミュージアムアプリ」の特長


・「1つのアプリで全国の史跡の魅力を発見!」史跡観光情報のオールインワンアプリ。
従来、史跡ごとに個別に提供していた機能を1つのアプリとして集約。全国の史跡で利用できるオールインワンアプリとして利用できるため、旅行者の利便性を向上させる。


・「現地で実感おどろきの感動体験!」GPSと連動し、その場ならではのVRコンテンツが閲覧可能。
現存しない城郭や産業遺産などの史跡を高精細かつ色鮮やかなVRコンテンツで再現し、スマートフォンやタブレット端末の位置情報と連動して配信。その場ならではの感動を提供する。


・「古地図を片手にタイムトリップウォーキング!」古地図を利用した周遊型ナビゲーション機能を搭載。株式会社マピオン(以下 マピオン)と共同開発した、古地図を利用した地域回遊型ナビゲーション機能を追加。史跡に近づくとプッシュ機能で情報を通知するなど、旅行者の利便性を向上させる。


・「感動体験をその場でシェア!」史跡VRを背景とした記念撮影機能。
その場所に訪れることでしか手に入れることができないVRコンテンツを背景に、記念撮影ができる機能を搭載。撮影した写真はSNSなどに投稿できる。


・「感動体験をお持ち帰り!」一度訪れた史跡のVRコンテンツはいつでも閲覧可能
一度表示したVRコンテンツは、旅行を終えた後も閲覧が可能。閲覧できるコンテンツは一覧表示されるため、掲載されている他の観光地への誘引にも効果が期待される。


◆リリース
http://www.toppan.co.jp/news/2016/09/newsrelease160921.html

タグ:凸版印刷
PAGE TOP