広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


調査・その他

2016-05-30

LINE、福岡社屋の建設予定地を売却

印刷する

LINE株式会社は、国内第二の拠点として建設を予定していた福岡社屋の建設予定地を売却することを発表した。

同社は、2013年7月より福岡社屋建設に向けて準備を進めてきたが、昨今の建設関連費用の高騰により当初見込みの建設予算額を著しく上回る見通しとなり、2014年12月に建設延期を決定したという。以降、建設開始の適切な時期を見定めてきたが、この度、当初の構想での着工は困難な状況と判断し、予定地を九州旅客鉄道株式会社へ売却する運びとなった。

なお、福岡社屋に入居予定であった同社子会社であるLINE Fukuoka株式会社は、2016年5月23日に「JRJP博多ビル」(福岡県福岡市博多区博多駅中央街8番1号)への移転が完了しており、新オフィスでの業務を開始している。

<売却の概要>
売却地名・地番:福岡市博多区博多駅前2-172
売却敷地面積:1589.83㎡
売却先:九州旅客鉄道株式会社
売却日:2016年6月29日(予定)


◆リリース
http://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2016/1361

タグ:LINE
PAGE TOP