広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2016-05-17

共同PR、売上増および販管費圧縮で大幅増益に 16年1Q決算

印刷する

共同ピーアール株式会社は、2016年12月期第1四半期(2016年1月1日~2016年3月31日)の決算を発表した。


【連結経営成績(累計)】
売上高  :10億8000万円(前年同期比 16.4%増)
営業利益 :5700万円( 同 82.2%増)
経常利益 :6200万円( 同 103.1%増)
四半期純利益:5700万円( 同 88.5%増)


新商品発表PRサポートや外資系クライアントの日本PR活動におけるオプショナル&スポット案件を受注したほか、官公庁Webプロジェクト案件を手掛ける。リテイナー契約は、機械器具他製造、および情報サービス業を中心に前年同期比増となった。利益面では、官公庁Webプロジェクト案件の原価率が高く、売上総利益に寄与しなかったが、子会社マンハッタンピープルの好調により、前年同期と比較し売上総利益が1100万円増加した。また、固定費見直しにより販売費および一般管理費も2.6%圧縮した。


■リリース
http://www.kyodo-pr.co.jp/news/pdf/2016051201.pdf

タグ:共同PR
PAGE TOP