広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


ネット・デジタル

2016-03-28

DAC、複数デバイスにまたがるユーザー行動を可視化するサービス開始

印刷する

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(DAC)は、複数デバイスにまたがるユーザー行動の可視化やターゲティングを支援するクロスデバイスサービスを開始した。
複数デバイスにまたがるユーザーをマッチングさせるには、企業が保有する顧客会員IDなどを使った「確定的マッチング」と、行動ベースの大量ログデータ解析を基にした「推計ベースマッチング」の2つに大きく分かれる。今回のDACのクロスデバイスサービスは、後者の「推計ベースマッチング」によるもので、推計により同一ユーザーとして紐付けるアルゴリズムを、DACのデータサイエンティストが独自開発した。すでに特許取得済みで、関連特許についても出願中だという。
具体的なサービスとしては、連結子会社である株式会社プラットフォーム・ワンの提供するDSP「MarketOne」による広告配信や、自社DMP「AudienceOne」の分析レポートのオプションサービスとして提供。将来的には「AudienceOne」の機能としての実装も行う。また、企業が保有するデータのクロスデバイス解析を受託するなど、各企業に合わせたサービス提供も行う。


■リリース
http://www.dac.co.jp/press/2016/20160324_cross_device

タグ:DAC
PAGE TOP