広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


ネット・デジタル

2016-01-27

インテージ、INDIGIMの計測ツール「Targeting Metrics」の販売を開始

印刷する

株式会社インテージは1月21日、株式会社インテージ・ニールセンデジタルメトリクス(INDIGIM)が開発した効果計測サービス「Targeting Metrics」(ターゲティング・メトリクス)の販売を開始した。
INDIGIMは、インテージとニールセン社との合弁会社。「Targeting Metrics」は、ニールセン社のデジタル広告視聴率「Nielsen Digital Ad Ratings」とインテージの消費者パネル情報を組み合わせ、ターゲットセグメントごとのデジタル広告到達率を測定するサービスだ。性・年代といった基本的な切り口に加え、実際の商品購入者属性などを活用し、セグメントごとに、デジタル広告到達率やターゲット含有率などが確認できる。
今回第一弾として、パソコンに表示されるウェブ広告を対象としたキャンペーンの効果計測サービスを提供。今後は、INDIGIM商品の営業・販売を行うとともに、「SCI(全国消費者パネル調査)」や「i-SSP(インテージシングルソースパネル)」 をはじめとする既存のサービスとの組み合わせも提案する方針だ。


■リリース
http://www.intage.co.jp/topics/news/20160120

タグ:インテージホールディングス
PAGE TOP