広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2015-11-18

共同PR、売上減ながら黒字転換 15年3Q決算 

印刷する

共同ピーアール株式会社は11月12日、2015年12月期第3四半期(2015年1月1日~2015年9月30日)の連結業績を発表した。


【連結経営成績(累計)】
売上高   :26億6300万円(前年同期比 9.6%減)
営業利益  :5600万円(前年 マイナス2億9800万円)
経常利益  :5200万円( 同 マイナス3億0000万円)
四半期純利益:3200万円( 同 マイナス3億4300万円)


新規ではサービス業や情報サービス業の引き合いが目立ち、既存顧客ではリテイナーで食品製造業および教育関連、オプショナル&スポットでサービス業および化学工業、ペイドパブリシティで食品製造業の売上高が伸びた。一方で、公官庁からの受託案件数の減少などで、全体の売上高は前年同期を下回った。
しかし利益面では、大型Web関連プロジェクトに係る受注損失引当金を計上した前年同四半期の反動で、売上高総利益率が16.4%改善。人件費も減少し、営業利益、経常利益および四半期純利益が黒字転換した。


■リリース
http://www.kyodo-pr.co.jp/news/pdf/2015111201.pdf

タグ:共同PR
PAGE TOP